kiririkun’s diary

歌って踊れるフリーのサラリーパーソンの社会派ブログ。 時事やエンタメをやさしく解説するよ。

働き方改革ではなく、働かさせ改革かなぁ

こんにちは、きりりです。10月中旬くらいから秋の花粉が相当飛び交ってますね。

 

きりりはセイタカアワダチソウ、別名ブタクサの花粉アレルギーもあるので、ちと苦しい。この2つの名前のギャップがおかしいですね。

 

さて、働き方改革です。これも受け取る側、国民の多く、と、司令出してる側、政府、とのギャップが大きい気がしてるんです。

 

🔹働き改革が出てきた背景

 

これが何とも邪な匂いがプンプンする。

これから労働人口が減少して、出生率が低いまま推移すれば働く人が減る、だから、一億総活躍社会、という、甘い言葉にくるんだ、働き方改革をしようと。女性や、高齢者など、本音は扱いが面倒くさいけど、外国人よりはいいし、聞こえのいい言葉で包もうかと。

 

🔹一億総活躍なんて無理だわい

 

女性も保育所整えれば働けるだろうし、子供も生むだろ的発想で保育所バカバカ作ったけど保育士が足りない、当たり前だけど、パートの保育士さんのの時間給は安いし、その保育士さんの子供が待機児童という、笑えない現実と、社会保障の方向性がみえないから、介護も自分達でやるの?みたいな気持ちなのですよ、サイレントマジョリティーは。

 

ついこの間までは若い起業家育たない、それは年寄りがいけない

と言いながら、手足が足らなくなると出てくる高齢者採用延期。最初は65歳でしたっけ。

 

 

で、裁量労働制の拡大も出てきたわけです。

 

🔹裁量労働制とは?

 

そう、ある一定のプロフェッショナルな技能や知識を持った人たちは、働いた労働時間とは関係なく、これくらいの残業だいをみなして、労働時間と相関のない給料を支払おうというもの。

 

まあ、中間管理職になれば、皆さん、残業代なんて出やしないから、まあ、それと同等の給料システムにするということだと思って頂いて問題ない。ある種の年俸制でもあり、与えられた仕事を達成すれば、次のステップに上がれるけど、達成しなければ、多分その給与は下がるか上がらない。会社によって若干の違いがあるけど、大まかにはそういうことです。

 

🔹裁量労働とは何を含むか?

 

ここでこの定義の曖昧さが注目されちゃったわけです。えっ私の仕事、そんな知識ありましたっけ?という意見もあれば、えっ🤯もっと能力評価してほしいという裁量労働制が合うのに適用されないケースも出てきてる。

 

所詮中央官庁は、民間のお仕事したことがなく、自分たちは公務員という立場で守られてるから、現場を知らずして、いろんな法律作るから運用面でめちゃくちゃになる。まあその典型です。

そしてこの議論も何となくフェイドアウト

 

🔹日本の政策の遅れが各産業界の遅れに繋がってる

 

一方で、各産業界もまさに第4次産業革命と言われるくらい、競争が厳しくなっていて、現場は厳しい状況になっていて、コミットメント達成しろよおじさんと、有休消化しろよおじさんが一斉に出てくるわけです。

 

結果どこか手抜きするようになり産業自体の信頼性が落ちてくる。

 

🔹それで、70歳まで働けや、ですか?

 

なんかこういうこと余りお上に言われたくないわな。

知らないうちに、年金制度の見直しを計算している中で、多くの国民がこれくらい働いてもらわないと、やってけないから働けや〜〜と聞こえてしまうのはきりりだけかな?

 

本当に素敵な国は、夢があり、そして、多様な生き方の選択肢が取れることではないかと思うのです。

 

死ぬ間際まで、義務教育的な集団的な選択を強制される社会だと、多くの本当に働いてほしい人たちは、日本脱出してしまうでしょうね。

 

もっと夢があれば出生率だって上がるのに、ね。

 

強制労働は、いやだなあ。

 

ほんじゃまたね〜〜

 

 

杜撰、ずさん最近の日本を一言で表すと

こんにちは😃きりりです。

暑さが長く続いたせいで、今年の紅葉期間は🍁短いような気がします。

 

さて今日の一言杜撰、ずさん、と読みます。

 

杜撰の意味は

物事の扱いが不適切で、誤りが多いこと、手抜き。いい加減。

 

🔹障害者雇用問題

 

これは開いた口が塞がらない!

酷い話です。メガネをかけている人を、メガネ外させて視覚障害、としたり、

メンタルで休んでいる人を心身障害としたり、挙句には、既に亡くなった方や、お辞めになった方を、あたかもいるかのように偽装したり…

 

杜撰を超えて人権の冒瀆と言えるのではないでしょうか?

 

これは障害者、健常者に関わらずです。

 

しかも法治国家である日本のその法を整備したり、遵法するべきところの中央省庁がです。

 

そのくせ、上から目線で障害者雇用率など 民間会社に無理矢理のターゲットを設定させたりする。

 

率先垂範という言葉、頭のいい人たちでは意味をなさないのでしょうかね?

 

🔹民間会社の杜撰な品質管理

 

どこかの会社のコミットメント、ターゲットがいろいろなところに拡散し、目の前の数字だけに集中する傾向が加速されたように思います。その会社も品質問題を出し、その後も連鎖してその会社の属する産業セクターだけではなく、他の産業セクターにも連鎖しています。

 

しっかりとした品質管理が売りだった日本のものづくりも、

 

杜撰病に侵されてしまったのです。

 

🔹スポーツ界も

 

どの問題も収束の仕方が杜撰ですよね。アメリカンフットボールも、結局、理事長の始末とか、関連会社を利権団体にしている問題も未解決のまま。

 

杜撰な処理でこのまま無かったことにしたりしてる。

 

🔹杜撰さが、未来戦略さえも曇らせている

 

じゃじゃ漏れの原発を持ち続けている国から誰が原発を買うのだろう。どうして311の大災害が起きた時、思い切ったエコエネルギーへの転換がなされなかつたのか?

 

もう他国は一歩も二歩も先に言っています。

 

AIを使った自動運転システムもIoTの急速な発展についていけず、日本は中国にすら遅れをとってます。

 

そして直近のビニール袋使用問題はアメリカを除く多くの先進国が、代替商品への切り替えを決断している中、有料で済まそうとしている日本。

 

杜撰だなあ、未来戦略さえもえがけていないのです。

 

全てかつては得意分野だった日本なのに、こよりや風呂敷文化もあるのに、なんでなんだろう?

 

🔹まとめ

 

怖いのはこの状態を見て育っている次の世代です。

 

あーいい加減にやった方が得かもなんていう価値観を植え付けてしまうかもしれません。

 

大人は今が踏ん張りどころです。

 

杜撰病からの脱却、早くしないと大変なことになるように思います。

 

この危機感共有していかないとね〜〜

 

ではまたね〜

ノーベル平和賞2018受賞を決めた協会は凄い!

なぜ今年の日本はこんなに暑かったのでしようか💦

しかも首都圏では湿度まで高いときてます。

15日週にかけてやっと、秋らしい温度になってきました。落差が激しいですよね。

 

こんにちは、きりりです。

 

日本人がまた、ノーベル賞取りましたね〜〜素晴らしいし、この基礎研究に、光が当たることは大変喜ばしいことだと思うな。でも、日本は研究費低すぎるから、今後はどんどん頭脳流出していくのでしょうね。

 

さて、今回は平和賞の方です。

平和賞はとてもある意味で世相を写し、かつ、政治性を帯びた賞とも言われてます。

 

🔹日本人でいたっけ?

 

忘れるところですが大昔、現在の首相の姻せきである故佐藤栄作氏が受賞してるんですよね〜〜

非核三原則を作った功労として。

 

でもその後に、有事の際に核を日本に持ちこんでいいよという密約があったことが、死後判明した、という事実から、私たちもえっ、ノーベル平和賞なんてもらってたんだわん、という反応になるわけです。

 

🔹性被害者救済者2人への贈呈は、世界の世相を表す

 

今回は、紛争地域のお二方、立場違えど、紛争の最中による、性被害者の、救済を命をかけて行なっているに方々。

これは#metoo運動の成果かもしれません。世界は大きな一歩を踏み出してきています。

 

コンゴ人の男性医師も、命の危険を感じながらも紛争地域での性暴力にあった被害者の救済に努めていらっしゃる。

シリア人の女性は自らが犠牲になったことを実名を出して、告発することにより、このような犠牲者を出すことを極力減らそうと努力なさっている。

 

頭が下がります。

 

🔹翻って日本は?

 

相変わらず、セクハラは無くならず、また、スポーツ界のパワハラも、続々と明るみになる始末。

 

#metooどころか、LGBTすらも否定するような駄文を掲載し、それを書いた本人ですら雲隠れしたまま、何の咎めもない。

 

産業だけでなく倫理的にも遅れてしまった日本。

 

一体どうなるのだろう?

 

🔹まとめ

 

日本人の受賞者はもてはやし、それ以外は殆ど一報するだけの日本のマスコミには、何の信条すら感じません。

 

トランプと戦うニューヨークタイムズ見習って欲しいな。

 

ただでさえ、存在意義が問われているのですから。

 

今日はこの辺で、またね〜〜

国際的警察の役割から降りたアメリカと、政治と官僚ガバナンスの低下した日本、世界はどうなるんだろう

台風皆さん大丈夫でしょうか?

本当に災害が多い国になってしまいました。想定外とか、今までなかったとかいう言葉で濁していますが、本当はいろいろなデータがあるのでは、ど密かに思っているきりりです。

 

さて、前回もツイッター大統領とシカト内閣で書かせていただきましたが、世界情勢の動きと、日本の内政のあり方のギャップです。

 

🔹世界の警察から降りたアメリカ🇺🇸

 

第二次世界大戦後、その後のソビエト連合との冷戦期間と、良くも悪くも、アメリカは世界の警察を自覚し、調停やら何やら引き受けてきたと思います。

 

悪事例は、ベトナム戦争に代表されるような、代理戦争への介入ですが、でも自由の国アメリカを自負して、貿易協定など、関税をかけるより撤廃の方向で動き、競争を平等にさせる方向に動いていたはず。

 

🔹不平等が、紛争を生む

 

歴史がある程度証明していますが、富の分配が極端に偏ると、そこに紛争の原因が生まれてきます。

 

アメリカは自由の名の下に、欧州とは異なる社会制度を取りました。自分のことは自分でやれや、と言う社会制度です。北欧などとは真逆ですよね。で、オバマオバマケアということで、保険医療の国からの補助を増やそうとしたわけですが、なぜかそれが否定された。

 

民主党オバマの次の候補がクリントンだったことも、金持ち、頭いい、しかも女性、一因があるかもしれませんが、多くの貧しい人たちが、シンプルな現大統領のアメリカナンバー1という言葉に共感して、buy American自国の製品買わなきゃ失業するらしいと言う馬鹿げた話を信じ込んでしまったわけです。

 

そう、アメリカは貧富の差がどんどん大きくなって不満が爆発しているのだろうと思います。でもその救いを求めた先が、更に拝金主義の大統領とは、皮肉なことですが、貧富の差はインテリジェンスの差も生み出してしまうのです。

 

🔹ナショナリズムと孤立

 

世界の均衡を何とか守ら役割を担っていたアメリカが自国のことのみを優先する政権に変わったことが、ナショナリズムと孤立を多く産んでしまったような気がしてなりません。

 

では翻って日本はどうなのか?

 

政治、国家官僚の体たらくによって、国民はますます、政治への関心が低くなっているように思います。

 

ここ2年間だけに限っても、政治的不祥事は減るどころか増え続け、その責任も取るどころか、人の噂も75日とばかり、何もせず。

 

もともと政治リテラシーの教育がない国ですから、どんどん政治と国民が離れていってます。

 

🔹まとめです

 

さて、世界はどうなり、日本はどうなっていくのか、ここ1〜2年の動きはある意味怖いです。

 

だからこそサイレントマジョリティも、そろそろサイレントから、少しでも声を上げる時期に来ているのではと思います。

 

既存メデイア自体が信用できない世の中だからこそ、ITの進歩によって、自身の発信方法を考える時だと、きりりは思います。

 

ではまたね〜〜

DDD@横浜2018を総括する〜俄かダンス批評家きりりです

歌って踊れる社会派と謳っている限り、やはりダンスの評論もしなくてはね〜〜

 

こんばんは、きりりです。すごい台風でしたね。夜中の12時過ぎには流石に怖かったな。

 

昨日の9月30日で、2ヶ月に渡るダンスダンスダンス@横浜

オールジャンルの三年に一度のフェスティバルが終了しました。これで確か3回目です。ダンスでここまでのジャンルをカバーしたフェスは日本では稀。

 

なんといっても目玉は、ベイサイドに作られた仮説舞台での野外バレエですが、今年はそれに加えて、

 

なんと日仏修好160周年、ということで、リヨンダンスビエンナーレのダイレクター、ドミニクエルヴュ女史を招き、更に市民巻き込み型ダイレクター?として、ノリの良い近藤良平氏の二人を立てたこと結果として、一つ一つの演目が輝いたように、きりりは思いました。

 

🔹日仏関連の作品はどれも、筆舌に尽くしがたい!

 

まずはアクラムカーン。確か現在はイギリス在住だけど、もともとはバングラデシュ🇧🇩の振付家でダンサー。影絵を作った作品で、一瞬子供も楽しめるのだけれど、移民としての自分のアイデンティティを問う深い作品になっている。どの位の人が感じたかわからないけれど、欧州関連の仕事が多いきりりは、考えこんでしまった。島国では、難民移民問題はまだ他人事だものね

 

日仏トリプルビル

これは、横浜で演じた後、欧州ツアーに出るのです、というかもう出たのかな。

まさか、ドミニクが、東京ゲゲゲイを指名するとは!凄い感度ですね。ワカモノ中心に、昭和歌謡ショーのようで、ドリフのようで、でもダンスキレキレのゲゲゲイ。多様性を具現化してるのは凄い。フランスでどんな反応が出るか楽しみだな。

 

そしてオーディションで選ばれたヒップホップ系の日本人の五人の男の子たち。彼らを振り付けるのは、フランス人の二人の振付家。まさに日仏共同作業だ。一つの作品はひたすら頭を床につけながら踊るという、ダンサーにとってはとても過酷なダンス。でもその不思議な動きに観客は釘付けになる。そしてもう一つは、ヒップホップがここまで芸術性の高い作品になるのかと思える、流れるような動き。新たなダンスの可能性だ。ヒップホップのステレオタイプが壊される。そう、破壊こそ次のクリエーションに繋がる。

 

そしてマチュランボルズ。シルクドソレイユの流れをくむフィリップドウクフレと系統が同様のシルク、フランス語のサーカスの意味、をベースにしたアーティストでもあり、振付家でもある。彼は大車輪を使った自分のソロ作品に加え、事故で左脚を失ったダンサーエディタベとの、片脚が無いことを上手く振り付けに入れ込み、まさにフランスのエスプリを感じるような、ユーモア溢れるダンス作品を作った。片脚が無いということも多様性の一つとして粋に使いこなす、ダンスとなる。凄い!ここまで日本は行けるのか?メンタリティの違いすら感じてしまう。

 

そしてバレエロレーヌ

過去の素晴らしい、振り付けを現代に蘇らせるコンテンポラリーダンス。マースカニングハムの、ダンサーの多様性を貫いた振り付けは素晴らしい。ダンサーは必ずしも細くて脚が細いだけで無いし、わざとポワントで立ちながら、フラフラさせたり、観客があれっと思うような振り付けをさせても美しいフォーメーションは変わらない。

イリアムフォーサイスの振り付けは、肉体の動きの美しさを、踊りできっちり見せる、シンプルな舞台装飾に、光と影を上手く使うのはフォーサイス的で美しい。

そして最後の作品はアメリカの振付家のもの。確か30年近く前の振り付けだがそこに、時代を感じるとしたら衣装の色とデザインくらいか。あとは今でも新しさがある。

 

🔹まとめ

 

踊れるサラリーパーソンとしてきりりは、まだまだ書きたいことはあるけれど、もっとも原始的なダンスという表現手段の多彩さを、フランスとの共同作業で観れたのは、この断裂していくグローバル世界の中でとても素敵なことである。

 

きりりはまだ観続けるし、自分でも踊る。そしてこのようなフェスティバルが社会的にもっと認知されることを望みたい。

 

そして外国人ダイレクターの起用もグローバルでは当たり前だよなぁ。

 

とおもうのである。

 

俄か評論家のきりりでした〜〜

 

 

新潮社は自己ブランドをどう考えているのか?

こんにちは😃きりりです。

この新潮社に対するブランド戦略について構想をまとめ出したのは、社長の文章、謝罪文とも言えない、が公表されて、余りに稚拙な内容であったため、とてもペンで戦う会社であると思えなかったからであります。

 

刻々と事態は変化して、あっという間に、新潮45は休刊になってしまった。

 

🔹新潮社の歴史から考える

 

創業は1896年、非上場の佐藤家オーナーカンパニーである。出版社にはありがちの形態で、確かに独立性を貫くために株主に対し遍く必要もないため、資金的に窮しなければ、このような形のカンパニーが出版ではまともかと思う。

 

創業当時は田山花袋などの自然主義の純文学を扱っていたと、沿革には書かれている。

 

🔹本当に出版不況の影響なのか?

 

そう、昔はぶいぶい言っていた職業の一つ、テレビ、新聞、出版社。

会社のお金で飲み食いして、まあ、大作家先生のご接待ついでですからね、お金も持ってました。

 

しかし、世界は容赦なく変わるわけで、例えば昔ランプ屋さんだったお店は、電気化する中で、業態転換か、廃業を迫られたわけです。同じことです。

 

まあだから新潮社に限らず、どこの出版社も同じような状況にあるわけです。

 

ではなぜ新潮45はあのような、申し訳ないが、非常識な、しかも比較的社会的弱者であるはずの女性が書いた論文、という体裁もない、雑文を掲載するだけでなく、それを擁護する、論理性のかけらもない論文を再掲載したのか?

 

バッサリ、信念がないから、志がないから

に過ぎません。

 

創業の心を忘れたのか?

100歩譲って、多様な意見を載せる、そこまではいいでしょう。だけど大出版社が社会的弱者を切り捨てるような行為を繰り返すことは、断じて許されないはずです。

 

ネトウヨが増えてるから、そのニーズに合わせたなど、聞く価値もなしです。

 

🔹文芸部だ、作家だと言うが…

 

確かに会社の中で、反勢力的行動をとることは勇気のあることです。また、作家の方々が不掲載運動や、批判を繰り返したことも社会的影響が大きいことだろうと、きりりも思います。

 

でも普通に本好きな、きりりのような普通人にとって、文芸部だろうがなんだろうが関係ないんです。

 

新潮社がやったことが、許せないし、買う気が失せるわけです。

 

やったことは、業態変換の努力をしない、人のニーズが変わったことに責任をなすりつけている、そして全く道徳的にも許されない論文を複数回に渡って掲載したこと

 

これにつきます。

 

🔹今後もワッチする必要ありだよ

 

新潮社の最近の手口は、売れなくなると休刊にし、こっそりまた、再刊することです。

 

今回の休刊も怪しいなあ。

読者を甘く見下しているよね。

 

きりりは意外とこれが、かつての雪印のようになっていくのではないか、と思うのです。

 

ブランドは失墜し、信頼も無くなり、リアルフェイク出版社というブランド属性が付き、普通の社員が路頭に迷わないことを祈るばかりです。

 

ま、オーナーは神楽坂付近の土地持ちだから心配ないし、無責任なのかもね〜〜

 

ではまたね〜〜

 

 

日産のブランド戦略、おかしくないですか?

大坂なおみさん、優勝おめでとう㊗️🍾

素晴らしいよね。体力で負けない選手が出て来たこと、大谷翔平と同様、とても嬉しくなるきりりです。

 

さて、日産自動車様が、役割が今ひとつよくわからないブランドアンバサダーとかいうことで、大坂なおみ選手に、サプライズ、会社的にサプライズな訳ないけど、としてGT-R贈呈しましたよね。

 

マーケティングブランディング仲間では、かなりの確率でネガティブな話題になってました。

 

🔹そもそも やっちゃえ日産 のタグラインとは?

 

まぁもともと対トヨタにブランド力は失墜していたわけですけれど、このタグラインの日本語的意味は、

 

受動的ですよね。

 

おどおどしてる人や、優柔不断な人に、やったらどうなの、と背中を押す言葉であって、自律的では無いのです。

 

タグラインとは、どんな夢を持つか、どんな風に将来なりたいかを表す方が宜しかろうときりりは思います。

 

マツダはフォードと離婚してから素晴らしくわかりやすいBe a driverと言ってます。他も然り。

 

だから、品質問題起こした時、一斉にやっちゃった日産なんて言われようになる。

 

🔹大坂なおみ選手起用は漁夫の利 

 

日清食品様は、随分と前からテニスに関しては、スポンサーとして素晴らしくやってらっしゃった。男子も然りです。一時期それで、ひよこちゃんバッグが抜群に人気出ましたよね。

 

まさかとは思いますが、

NISSIN

NISSAN

英文字で書くと似てるんですけど考え過ぎとも思いたくなるような、タイミングでのかっさらいです。日清食品様に申し訳ない感じがします。

 

確かあの陸上100メートルで抜群に速かったボルトの時もGT-Rを差し上げていた気がしますが、だから何?

 

一時的なバズを起こしたとしても、一体なんのブランドattributeを挙げたかったのか?

 

今回も何をあげたいから彼女なのでしょう?

 

🔹最もやってはいけないこと スポンサーの役員は表に出るな

 

外資系の顔をしながらやることが浪花節的なのは、あの疲れ切った選手相手に、テニスをした、と。

 

ありえませんから。体調調整が大変なのに、高額のアンバサダー費用に入っていたのかわかりませんが、パンパシフィックが控えているのがわかっているのなら、勝っていただくための配慮をするのが第一優先でしょう。

 

代理店がへいこらやったのか、やりたいと言ったかはわかりませんが、これもブランドとしてはネガティヴインパクトの方が大きい。

 

🔹大日産自動車様、先にやることたくさんあるのでは?

 

結局、品質問題もうやむや、今年は日仏修好160周年ですから、ルノーとの関係や、フランス政府との関係をいたずらに悪化させることはないとは思うけれど、ブランドの基本は、トラスト、つまり信用です。

 

その落とした信用をあげるには、このような遊びのようなやり方ではなく、積み上げが肝心のはずです。

 

株価が示してます。

トヨタ7000円

日産自動車1105円

 

もはや、ライバルでは無いですね。

 

乗り物好きのきりりとしては、やはり日本の自動車産業今が踏ん張り時です。

 

グーグルやら何やらが参入し、チカラをつける前にやるのはテニスでないことだけは確かだなあ

 

 

そんじやまたね〜〜